カスタム検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo.gif (1144 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)To previous pageTo home pageMailing to me

UT-VPNの小技

Modified: 28 February 2011
Created: 24 July 2010


Linuxでデーモンを自動起動させる方法 (28 February 2011

LANにブリッジする方法 - ローカルブリッジ (
24 July 2010
Windowsのブリッジ機能は使えないのか (
24 July 2010
Softether1.0との共存 (
24 July 2010
PacketX2.0/3.0との共存 (
24 July 2010


Linuxでデーモンを自動起動させる方法 

以下を参考にさせていただきました。というかパクリです。

http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/netcom/route/route.html
 

サーバーデーモンの自動起動

#!/bin/sh

# chkconfig: 345 98 02

# description: UT-VPN Server

# root/root/755

DAEMON=/usr/bin/utvpnserver
LOCK=/var/lock/subsys/utvpnserver

test -x $DAEMON || exit 0

case "$1" in
    start)
        $DAEMON start
        touch $LOCK
        ;;
    stop)
        $DAEMON stop
        rm $LOCK
        ;;
    restart)
        $DAEMON stop
        sleep 3
        $DAEMON start
        ;;
    *)
        echo "Usage: $0 {start|stop|restart}"
        exit 1
esac

exit 0
 

クライアントデーモンの自動起動

IPアドレスの設置コマンドの部分は変更が必要です。

#!/bin/sh

# chkconfig: 345 99 01

# description: UT-VPN Client

# root/root/755

DAEMON=/usr/bin/utvpnclient
LOCK=/var/lock/subsys/utvpnclient

test -x $DAEMON || exit 0

    start() {
        $DAEMON start
        touch $LOCK
        sleep 3 ; ifconfig utvpn_vpn 111.222.333.444 netmask 255.255.255.0
    }

    stop() {
        $DAEMON stop
        rm $LOCK
    }

case "$1" in
    start)
        start
        ;;
    stop)
        stop
        ;;
    restart)
        stop
        sleep 3
        start
        ;;
    *)
        echo "Usage: $0 {start|stop|restart}"
        exit 1
esac

exit 0

LANにブリッジする方法 

VPNでサーバー接続すると、サーバー上ではいろいろできますが、サーバーと同じLANにつながっている別のサーバーには直接接続できません。

別のサーバーには、一旦、VPNでサーバーに接続した後、そのサーバーから別のサーバーに接続するという面倒なそうだが必要です。

VPNで接続したら、その接続先のサーバーだけに接続するのではなく、接続先のLANにつながったように動作すれば、遠隔地からの接続でもサーバーが直接つながっているPCのように使うことができます。

このような機能を実現してくれるのが「ローカルブリッジ」で、UT-VPNにも備わっています。


設定方法

サーバー管理マネージャを起動し、「接続」ボタンをクリックし、以下の画面を開きます。

上記画面の左下の「ローカルブリッジ」の設定をクリックします。

すると以下のメッセージが出てきます。要は、再起動しないと動作しないことがあるよ、ということです。

以下の画面で、仮想HUBを選択し、ブリッジしたいLANカードを選択して結びつけます。

要は、VPN接続用のHUB(仮想HUB)に、物理LANカードを接続することで、物理LANのパケットが仮想HUBにも伝わるようになり、結果的に、VPNで接続したPCが、仮想HUBを経由して、接続先のLANに直接つながったように動作します。


Windowsのブリッジ機能は使えないのか 

Windowsには、LANカードを複数選択してブリッジとして動作させる機能があり、Softether1.0ではこの機能でブリッジができましたが、UT-VPNの仮想LANカードは、この機能では動作しませんでした。


PacketX2.0/3.0との共存 

不明。

PacketX2.0や3.0は有償なので、実験できず。


Softether1.0との共存 

できました。

といってももう入手できませんので、持っていて、いまだに使っている人向けの情報。


To previous pageTo home pageMailing to meJump to Top of pageline.gif (927 ツバツイツト)line.gif (927 ツバツイツト)tomo.gif (1144 ツバツイツト)
カスタム検索



このエントリーをはてなブックマークに追加